気配りのできる人は訪問介護で活躍できる

特集カテゴリー

介護職を目指している人へ

当サイトでは介護職の選び方について紹介し、これから介護職として働いていこうと考える人や転職を考えている人にとって参考になるサイトを目指します。
ご質問に関してはこちらまでお寄せください。

介護職を目指している人へ

訪問介護は清潔感や気配りが求められる

訪問介護の適正とは

訪問介護は実際に生活しているテリトリーに入って仕事をしますので、訪問介護でまず大切になることは利用者に生活領域に入っても構わないと思ってもらえることです。これは大切なことであると同時に前提でもあるので、まずは利用者の生活領域に入ることを許されることがスタートになります。訪問介護で求められる人物像について詳しく説明していきます。

訪問介護の適正とは

第一印象と清潔感

訪問介護は利用者の生活の中に入って仕事をしていくと説明しましたが、誰しもが自分の生活領域に他人が入ってくることを警戒します。気心の置ける友人などであっても掃除をしておいたり、大事なものは閉まっておくといったことはすると思います。訪問介護では利用者からすると全く知らない他人ですのでその警戒心はさらに強いということが言えます。
このようなことから身の回りを任せても良いと利用者に思ってもらえるよう第一印象はとても大切になります。そのため身だしなみを整えて清潔感を大切にしていることが重要です。また、高齢者は若い人と違い免疫力も低下しているので衛生面でも清潔感は欠かせないポイントになります。

またこの人にお願いしたいと思われる人

介護は体力的にも精神的にもハードな仕事と言われ、さらに手を抜くことのできない環境で働くことになります。そのため人のお世話をすることが好きだったり、誰かのために働きたいという気持ちが無ければ続かない仕事です。また、利用者の生活の中に入って仕事をしていくため、信頼関係もとても大切です。
介護をお願いしている利用者からすれば、本当なら介護を受けることなく自分で生活したい気持ちは強いです。この気持ちから思うように動かない自分の身体にイライラしてしまうことも多くあります。こういった利用者の気持ちに寄り添って明るく元気に仕事をすることで信頼関係を築く1歩になります。そしてまたこの人にお願いしたいと思われる人材が訪問介護には求められます。

気配りができる人

訪問介護に限らず、すべての介護の仕事に通じるものですが気配りができることは重要です。利用者はそれぞれ過ごしてきた環境が違うのですべての利用者に同じ対応をしていてもある人は気にならなくても、ある人はとても気になるということが生じます。利用者1人1人がどういった性格でどういったことを好むのかを考えて気配りができる人はとても優秀な人材と言えます。また気配りができれば何を求められているのか、何をしたらダメなのかを把握できるので、利用者が不愉快な気分になることなく仕事をできます。

絶対に読んで欲しい記事はこちら