介護職の仕事内容〜デイサービス〜

特集カテゴリー

介護職を目指している人へ

当サイトでは介護職の選び方について紹介し、これから介護職として働いていこうと考える人や転職を考えている人にとって参考になるサイトを目指します。
ご質問に関してはこちらまでお寄せください。

介護職を目指している人へ

未経験の人も働きやすいデイサービス

デイサービスでの仕事

デイサービスは介護サービスの中でも日帰りで利用する施設なので、その仕事内容には送迎も含まれていることが特徴的です。仕事も宿泊する利用者がいないことから夜勤のシフトが無く、比較的身体への負担は低いのでまず介護職を始めるならデイサービスからという人も多いです。そんなデイサービスの1日の流れを紹介します。

デイサービスでの仕事

1日の始まりは送迎から

日帰りで利用する施設ですので、まずは利用者を施設に迎えることから仕事が始まります。車によって利用者の家まで迎えに行くことになりますが、利用者の移動だけではなく利用者の昨日との変化などをよく観察することも仕事です。そしてデイサービスを利用できるコンディションかどうか、また利用に際して気をつけておくべきことはないかなどの確認も送迎で行うことからデイサービスの仕事は始まります。

来所してから

交通事故のないように安全運転することはもちろんですが、車の乗り降りの際に起きる事故にも十分気を配る必要があります。無事施設まで到着しても車から降りて施設の中までは気を抜くことなく利用者を迎え入れます。そして車での移動によって具合が悪くなっていないかなどの状態変化とバイタルチェックを行います。
施設に到着してバイタルチェックを一通り終えれば、次は朝の会を行います。デイサービスを利用しているという認識を利用者に持ってもらうこと、今日の日付やニュースなどの情報提供をして認知症の予防をすることなどが朝の会の目的となります。

入浴

デイサービスでは夕方には利用者を自宅まで送り届ける必要があるため施設利用の時間が限られています。そのため自宅ではなかなか難しい入浴の介助は優先順位が高く、できる限り早く済ませるために午前中に入浴をします。また利用者の衣類を洗濯することもあり、送り届ける際に乾いてなければならないことも早い時間に入浴をする理由の一つです。

昼食から送るまで

入浴を終えれば昼食があり、昼食の後はお昼寝の時間があります。利用者が寝ている間も連絡帳を付けるなどの仕事があります。そしてお昼寝の時間が終わればレクレーションを行います。デイサービスでは比較的難易度が高く、活動量の多いレクレーションが選択されます。
そしてレクレーションが終われば家まで送り届けることになるため、朝の迎えと同様に交通事故、乗り降りの際の事故に気をつけながら利用者を家まで送り届けます。そして無事送迎が終わって施設に帰ってきてからは車や施設の清掃を行い、最後にミーティングで情報を共有してデイサービスでの1日が終わります。

絶対に読んで欲しい記事はこちら