後悔しない介護職の転職は優良事業者を見極める

特集カテゴリー

介護職を目指している人へ

当サイトでは介護職の選び方について紹介し、これから介護職として働いていこうと考える人や転職を考えている人にとって参考になるサイトを目指します。
ご質問に関してはこちらまでお寄せください。

介護職を目指している人へ

優良事業者を見極めよう

こだわりに注目

自分が働きたいと思う事業所が実は目に見えないブラックな部分がとても多くあり、実際に働き始めたらサービス残業や職場のいじめなどですぐに退職を余儀なくされては転職をする意味がありません。優良事業者をしっかりと見極めて転職をするためにも、まずはその施設らしさであるこだわりが明示されているかどうかというポイントを押さえましょう。
たとえば「地域で最も利用される介護サービスを目指す」といったものや「利用者の生活環境をできるだけ変えないサービス」など施設で強いこだわりがあるかどうか、実現する努力がなされているかどうかを注目して見極めます。優良事業者は共通して明確なビジョンを持っており、利用者にどのようなサービスをしたいかといった気持ちがこだわりに表れます。そしてそのこだわりに対して自分が働く魅力を感じるかどうかはとてもウェイトの大きい選び方の項目です。

こだわりに注目

方針が明確

次に優良事業者かどうかを見極めるポイントは理念や方針が明確に決められていて、それを実現することに対して真摯になっているかどうかです。まずは理念や方針を確認して、それに向けて行動やチーム全体が一貫となって動けているかを確認します。挨拶を大切にする方針を掲げていれば、職場見学に行った際にはその挨拶がしっかりとできているかどうかを確認しましょう。
これらに一貫性がない場合、努力をする姿勢がないと判断できた場合は、前述したこだわりについても疑う余地があります。そのため、理念や方針が明確であり、それに向けた努力をしている事業者は本当にやりたいことがあり、実現に向けて動いているということがいえます。

人材育成に力が入っている

介護施設の現場ではどうしても人手不足の現場が多い現状から、なかなか教育まで手が回らずに初日から指示だけ出して放置されてしまうという現場も少なくありません。そして教育に関しては新人に1週間誰かがつきっきりになるといった教育をすると人件費がかかったりと、なにかと費用がかかります。
そのため人をあまり大切にしていない事業者はなるべく新人教育に関する費用を削減するために動く特徴があります。こういったことから教育に関する費用をかけている事業者、研修制度を整えている事業者などは人を大切にしている優良事業者と判断することができます。また、事業者を判断する際は1つの事業者を見るのではなく、いくつかの事業者をまとめて比較して検討することでより精度の高い判断ができます。

絶対に読んで欲しい記事はこちら