介護職の転職で押さえるべき面接のポイント

特集カテゴリー

介護職を目指している人へ

当サイトでは介護職の選び方について紹介し、これから介護職として働いていこうと考える人や転職を考えている人にとって参考になるサイトを目指します。
ご質問に関してはこちらまでお寄せください。

介護職を目指している人へ

ポイントをおさえて面接を乗り切ろう

面接でのポイント

面接の際に多くの事業者が重要視しているチェックポイントは概ね決まっています。そのためそれらの重要視しているポイントを事業者が欲しいと思っている人材に当てはめられるかどうかが大切です。このチェックポイントには「仕事に対して情熱を持っているかどうか」「自分の理念に共感して働いてくれるかどうか」「すぐに退職しないかどうか」「周囲のスタッフと良好な関係を築けるかどうか」があります。これらを踏まえた上で、面接に臨む上で注意することを押さえましょう。

面接でのポイント

服装

面接時にはラフな格好でも良いとする事業者もいますが、なるべくスーツを着用して清潔感を意識して臨みましょう。もし私服でも良いということであれば、襟のついたシャツやジャケットを着用してなるべく柄がついていないものを選びましょう。そしてジーンズやサンダルといった格好は避けましょう。

面接

面接ではほとんどの事業者が聞く質問がありますので、これらの質問には自分の意見を伝えられるように考えておきましょう。聞かれる質問に「志望動機」「自己PR」「質問」があり、転職の場合には「前職の退職理由」についてもまず間違いなく聞かれるといって良いです。また希望条件についても話すことになると思いますが、いつから勤務できるかといったことや夜勤はできるかどうかなどの質問もあります。

志望動機

ではほぼ確実に聞かれる志望動機の伝え方についてポイントを押さえておきましょう。冒頭で挙げた事業者の重要視しているチェックポイントに自分の理念に共感してくれるかどうかというところが大切になります。志望動機に関しては応募先の特徴であるこだわりや理念についてよく理解した上で、その理念に対して自分が働きたいと思ったことを伝えましょう。そして自分の経験から自分がこの施設で働くメリットについても具体的に話せるとよりポイントは高いはずです。

退職理由について

では転職の場合に必ず聞かれる前職の退職理由についてですが、これはよくしてしまいがちなNGの回答があります。それは前職を辞めることになったネガティブな理由を伝えてしまうことです。人間関係がうまくいかない、周りと合わなかった、上司に不満があったから、といったこれらの理由を伝えてしまうと、事業者からすれば自分のところでも同様の不満を抱えて早期退職するかもと思われてしまいます。
結果的に長く働ける人という重要視されているチェックポイントから外れてしまい、マイナスな印象を与えてしまうことになるので退職理由を伝える時には十分気を付けましょう。「ここの事業所であれば自分のこういった部分が活かせて、自分のやりたいことにつなげられると考えたことから前職を退職しました。」といった前向きな理由を述べるようにしましょう。

絶対に読んで欲しい記事はこちら